FF14のインスタンスダンジョンへの突入は、
コンテンツファインダー」というシステムを利用します。

パーティメンバーを自動でマッチングしてくれる
とても便利なシステムですが…。

マッチングに時間がかかって、なかなか
コンテンツに突入できない!
という事がありますよね…。

そんなコンテンツファインダーの仕組みや
マッチングに時間がかかるワケを…。

FF14初心者さん向けに解説しちゃいますよ!

コンテンツファインダー(CF)の仕組み

コンテンツファインダーは、自分と同じダンジョンに行きたい
他のメンバーを自動で探しだしてくれる画期的なシステムです。

例えば、あなたが「サスタシャ侵食洞へ行きたい!」
コンテンツファインダーで申請を出したとしましょう。

すると同じサーバー、または別のサーバー内で同じように…。

「サスタシャ侵食洞へ行きたい!」と希望を出している他のメンバーを
自動でマッチングしてくれる、という仕組みですね!

マッチング時間がかかるのはなぜ?

実はマッチングに時間がかかるのは、
一部のクラス/ジョブに限られているんです!

  • タンク…5分以内
  • ヒーラー…5~10分以内
  • DPS15~20分以内

そう!基本的にマッチング時間がかかるのは
DPS」と呼ばれるクラス/ジョブなんです!

DPSとは?

Damage Per Second(ダメージ パー セカンド)の略。
秒間どれだけのダメージを出すことが出来るか、という意味。

FF14では一般的に「アタッカー」と
呼ばれるクラス/ジョブをDPSと表現する。

なぜDPSだけが時間がかかるのかというと…。
FF14で最も人口が多いクラス/ジョブだからですね。

コンテンツファインダーは椅子取りゲーム

コンテンツファインダーはよく「椅子取りゲーム」に例えられます。

素早く空いた席に座るゲームで、席に座れた人が勝ち!
逆に座れなかった人が負け!というゲームですね。

 

パーティメンバーの4つの席のうち2つはタンク・ヒーラーの席、
残りの2つはDPSの席になっています。

タンクやヒーラーは元々人口が少ないので、
用意された席に素早く座ることができます。

しかし、人口がめちゃくちゃ多いDPSは
たった2つの席をかけて争わなければなりません…!

 

コンテンツファインダーはそんなDPSの争いが起きないように、
順番に、確実に、丁寧に2つの席を用意しているので…。

あなたの順番が来るまでにマッチング時間がかかってしまう

というワケなのです…。
なんとなく分かってくれたでしょうか?w

初期のFF14のマッチング時間はなんと…

FF14が発売したばかりの2013年頃は…。
なんとDPSの待ち時間は1時間というのが当たり前でした。

1コンテンツ1時間ですよ!私自身もこの頃から
FF14をプレイしているのでよく覚えています。

ちなみに早くて1時間なので大体1~2時間ほど、
クラフターギャザラーをしながら平気で待っていました。

それが今ではたった”15分”待つだけで
OKなのでとても良い時代になりましたね~。

ここまで短縮できたのはFF14スタッフの試行錯誤の末なのです。

どうしてもマッチングしない時は…

どうしてもコンテンツファインダーがマッチングしない!
という時は「パーティ募集」を活用してみましょう。

「パーティ募集」は自由に条件を指定して
パーティメンバーを募れる掲示板のようなものです。

「○○(コンテンツ名)へ行きたいです!誰かお手伝いしてください!」
といった内容を書き込めば…。

募集を見てくれた人が助けに来てくれるかもしれません!

また、ビギナーチャットに参加している初心者さんなら、
メンターにお手伝いをお願いしてみましょう。

ビギナーチャットについてはコチラ

 

パーティ募集と同じく…、

「○○(コンテンツ名)へ行きたいけどマッチングしない!」

といった事をメンターに伝えれば
お手伝いを名乗りでてくれるハズです。

 

最初はこういったパーティメンバー募集をするのが
恥ずかしい!とか緊張する!というように感じるかもしれませんが…。

便利な機能なので初心者さんにこそ活用して欲しいです!
恐れずにどんどん使ってみてくださいね!

スポンサードリンク
関連キーワード
FF14バトルシステム】の関連記事
  • 【FF14初心者向け】Lv50以降の装備について!
  • 【FF14初心者向け】ルーレットって何?
  • 【FF14初心者向け】レベルシンクって何?
  • 【FF14初心者向け】なかなかマッチングしないのは何で!?
  • 【FF14初心者向け】レアな装備を手に入れて強くなろう!
  • 【FF14初心者向け】アディショナルスキルを覚えよう!

Twitterで更新情報をチェック!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。