FF14にはアイテムのデータベースやコンテンツの攻略法など…。

エオルゼアでの冒険の役に立つ様々な
公式ガイドブック(攻略本)が販売されています。

…といっても一口にFF14の攻略本といってもかなりの種類や数があります。

なので!数ある攻略本の中でも最近FF14を
初めたばかりの初心者さんにおすすめの攻略本を紹介します。

攻略用途や目的に合わせて、自分にあった
お気に入りのガイドブック選んでみてくださいね!

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア 公式スターティングガイド

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 公式スターティングガイド (SE-MOOK)

FF14のパッチ2.0序盤~中盤まで
コンテンツ攻略がメインの公式ガイドブックです。

また各ジョブ・クラス(双剣士/忍者を除く)の
スキルや基本的な立ち回り方、などが記載されています。

 

新生FF14が発売した2013年の一番最初
作られた攻略本であるため、情報はかなり古いですが…。

インターフェースの設定方法やテキストチャットの種類など…。

FF14におけるシステム全般の設定、
細かい操作方法がとても詳しく解説されています。

ある意味、攻略本というより『大型説明書』に近いですねw
情報は古くてもFF14の”根本的な基礎”を学ぶ事ができます。

 

オンラインゲームはFF14が初めて、仕様が細かくて操作が分からん!
という方FF14初心者さんにおすすめの1冊です。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア オフィシャルコンプリートガイド

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア オフィシャルコンプリートガイド(SE-MOOK)

FF14のパッチ2.0~2.5までの全コンテンツの総まとめ的な攻略本です。

他にも全ジョブ、クラスのLv50までスキルや詳しい立ち回りの解説、
極・蛮神戦や大迷宮バハムートなどのエンドコンテンツの攻略法も掲載しています。

 

上記の”スターティングガイド”の完全版にあたる攻略本ですね。
新生エオルゼアのフィナーレを迎えるための1冊となっています。

情報量的にはまさに”広く浅く”といった感じなので、どちらかと言うと
新規プレイヤーさんなどのライトユーザー向けの本となってます。

 

バトルやコンテンツの概要、ギミックを詳しく知りたい、
エオルゼアの全てを知りたい、楽しみたいという方におすすめです。

ファイナルファンタジーXIV:電撃の旅団公式プレイガイド シリーズ

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア 電撃の旅団公式プレイガイド

ゲーム攻略情報雑誌「電撃プレイステーション」の編集、ライターを
中心に結成された『電撃の旅団』が監修する公式プレイガイドです。

 

FF14公式プレイガイドと比べると”プレイヤー目線”の情報がてんこ盛り!

各パッチごとに攻略情報をリアルタイムで
追いかけていく雰囲気のある攻略本です。

普段の冒険では気づかない細かい小ネタ情報や、
攻略情報に則った4コマ漫画も面白いです。

ゲーム雑誌編集だからこそ出来る『FF14開発者インタビュー』も必見です。

オンラインゲームの攻略本の情報はすぐ古くなるからいらない?

FF14はオンラインゲームであるために、
頻繁に修正やアップデート、仕様変更があります。

そのため攻略本が発売された当初は最新版の攻略情報であっても…。

時が経つにつれて情報が古くなったり、
そもそも仕様が変わったりするものです。

今の時代は無料の攻略サイトが無数にあるので、
最新の情報を手に入れるだけなら攻略本は必要ないかもしれません。

 

ですが、攻略本には紙の本だからこそできる読みやすさや…。

スタッフインタビュー、当時だから流行ったネタなど
無料攻略サイトには載っていない貴重な情報というのがたくさん掲載されています。

メモや書き込みができるというのも攻略本の利点ですね!

 

「あぁ、こんな事があったな」と懐かしむこともできますし、
「へぇ~昔はこんな事があったんだな」と新しい発見もあるはずです!

オンラインゲームにとって攻略本は、
その時、その一瞬の全てをまとめた歴史書です。

興味のある方はぜひ、一度手にとってじっくり読んでみてください…。

スポンサードリンク
関連キーワード
FF14関連グッズ】の関連記事
  • 超個人的おすすめのFF14関連書籍「光のお父さん」!
  • 【FF14】PS4でも使えるキーボード紹介!
  • FF14のBGMを収録したサントラシリーズを紹介!
  • 【初心者向け】おすすめFF14公式ガイドブック(攻略本)を紹介!
  • 必須ではないけどFF14のプレイにあると便利な周辺機器!
  • 【FF14】ダウンロード版でも特典インゲームアイテムが欲しい!

Twitterで更新情報をチェック!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。