FF14を始めたばかりの初心者さんには…。

「早くイシュガルドで遊びたい!」
「暗黒騎士とか新しいジョブになってみたい!」

というように一刻も早くイシュガルドに行きたい!
という思いを馳せている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな初心者さんのために、具体的
イシュガルドで遊べるようになるまでの条件をお教えします。

若干のネタバレが含まれているので注意してください。
ネタバレしてもイイ!という方だけこの先を読むようにしてくださいね!

イシュガルドをプレイするにはどうすればイイのかッ!?

いいですか!?ネタバレしちゃいますよ!?

 

 

「蒼天のイシュガルド」をプレイするには、
まず以下の2つの条件を満たさなければいけません。

  • 条件1:バトル系クラスをLv50にする
  • 条件2:メインクエスト「希望の灯火」をクリアする

まずは、ナイトや黒魔道士といったバトル系のクラスを
どれかひとつでもLv50にしましょう。

というか、メインクエストをひとつのクラスに集中して
ガンガン進めていれば自然とLv50になれるので…。

Lv50って…レベル上げってめっちゃ頑張らないと
だめなんじゃない!?…という心配は不要かと思います。

あちこちにあるサブクエストなども一緒に受けて
ストーリーを進めていればサクサクレベル上がりますからね!

 

そしてもうひとつの条件…メインクエスト「希望の灯火」は、
「パッチ2.0シリーズ新生エオルゼア」最後のメインクエストとなっています!

あまりいうと完全なネタバレになってしまうので多くは語りませんが…。

 

あの人がうわああああああってなって、ぎゃあああああって事件が起こって、
ドカーーーーーンってなって、ズーーーーーンって暗い雰囲気になって…。

そうだ イシュガルド、行こう…。

という展開になっております。分かりましたか?(分かるかッ!w

 

新生エオルゼアはどちらかと言うと「前向きなストーリー」に対して…。

蒼天のイシュガルドはどん底から始まる
「ダークファンタジー」と呼ぶのがふさわしいでしょう。

そのどん底のダークファンタジーの始まりが「希望の灯火」なのです…!

とにかく「新生エオルゼア」の最後にふさわしい
”怒涛のフィナーレ”となっているので楽しみにしていてください!

こちらの条件も、レベル上げ同様に
ストーリーをコツコツと進めていけば自然と到達します。

イシュガルドを100%楽しむために

イシュガルドを100%楽しむためにやって欲しいことがあります。
それは、新生エオルゼアのストーリーをしっかり楽しむことです。

正直にいって、サブクエストなどの外伝的ストーリーは流し読み程度で十分です。

いや、それは!もちろんきちんと
サブクエストも楽しんでもらいたいですが!w

 

「新生エオルゼア」のストーリーは、当然といえば当然ですが
「蒼天のイシュガルド」に直結したストーリーとなっています。

早くイシュガルドに行きたいから!といって
ムービーやらセリフやらを飛ばさずに…。

きちんと最後まで新生エオルゼアのストーリーを
「聞いて、感じて、考えて」欲しいのです。

 

それからもうひとつ!ぜひ「竜騎士」のクエストをやってみてください!

イシュガルドは、千年にも及ぶ「ヒト」と「竜」の戦いを繰り広げる国です。
そのためイシュガルドには数多くの「竜を屠る騎士=竜騎士」が存在します。

「竜騎士」のクエストを通して、イシュガルドという国は何なのか?
戦いが続く「ヒト」と「竜」の歴史や関係は何なのか?をより深く理解できます。

 

また「竜騎士」のクエストをクリアしているプレイヤーは
若干イシュガルドのストーリーが変化している部分もあるので…。

イシュガルドを知る、ストーリーを知るという意味でも
「竜騎士」のクエストをぜひやってみてください!

 

ということで、イシュガルドに行くまでの条件と
イシュガルドを楽しむための情報をお届けしました!

より蒼天のイシュガルドへの思いを馳せて頂けたら幸いです。

まずはLv50を目指すこと、そして新生エオルゼアの
メインストーリーをクリアすること!

ぜひ、頑張ってくださいね!(・ω・)ノ

スポンサードリンク
関連キーワード
FF14豆知識】の関連記事
  • 【FF14豆知識】エオルゼアの天候・天気について!
  • 【FF14初心者/復帰者向け】ビギナーチャンネルでの上手な質問の仕方!
  • 【FF14】コントローラーだけでホットバーにスキルをセットする方法!
  • バトルだけじゃない!FF14のオススメのんびりコンテンツ!
  • 【FF14豆知識】アチーブメントとは?
  • 【FF14豆知識】今使っているキャラの種族を変更したい!

Twitterで更新情報をチェック!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。