やはりFFと言ったら「ジョブシステム」!
FF14にもナイトや白魔道士といったシリーズ伝統のジョブが多数存在します。

このページではパッチ5.0までで実装されているFF14の全ジョブをご紹介します。

これからFF14をプレイしようという初心者さんは
気に入ったジョブを目指して、最初のクラスを選ぶと良いですね!

クラスについての詳細はコチラ!

スポンサーリンク

ジョブとは?

戦闘クラスのレベルを一定まで上げると習得する上位クラスのことです。
イメージで言うとクラスの強化版、といったところでしょうか?

ジョブに昇格することでステータスアップはもちろん、
新しくジョブ専用のスキルや装備を使えるようになります。

また「Exジョブ」と書かれたジョブは追加パッケージの購入し、
アップデートすることでなれるジョブです。

スターターパックで始めた人はプレイできないので注意です!

 

パッチ5.0(2019年7月)の時点で合計17種類+αのジョブが実装されています。

  • タンクジョブ…4種類
  • DPSジョブ…10種類
  • ヒーラージョブ…3種類
  • リミテッドジョブ…1種

鉄壁の守り!タンクジョブ!

タンクの役割はPTメンバー全ての命を守ること!

そのため、共通してHPが高く、防御力アップやダメージカットのスキルが豊富です。
またどのタンクも一度基礎を固めてしまえば、他のタンクでも応用が効くというのも特徴です。

ナイト

剣術士の上位にあたるジョブ。タンクの中では最もオーソドックスでクセが少ない。
そのためタンクの基本を覚えるにはもってこいのジョブです。

味方のダメージを肩代わりする「かばう」や、
一定時間ダメージを完全に0にする「インビンシブル」が特徴。

またレベルが上がると魔法攻撃と回復魔法も習得します。

戦士

斧術士の上位にあたるジョブ。タンクの中で最も攻撃的なジョブ。
攻撃で敵のHPを吸収したり、カウンターなどを駆使する攻撃こそ最大の防御なタンクです。

味方全員に一定量のバリアを貼る「シェイクオフ」や、
味方一人を対象にダメージカットを発動させる「原初の猛り」など味方を守るスキルも豊富。

バフ(能力アップスキル)が豊富なのも特徴。

暗黒騎士

追加パッケージを購入し、条件を満たすことで初めからLv30で開始出来るExジョブ。
タンクの中では最も魔法攻撃が豊富なタンク。MP吸収やMP回復といった、
独自の魔法に特化したスキルが多いのが特徴。

またタンクでは珍しいAOE(設置型範囲攻撃)の「ソルトアース」や、
自身の分身を召喚する「影身具現」といった他のタンクには無い独特のスキルを持ちます。

使用武器は両手剣。ジョブクエストはイシュガルドで発生します。

ガンブレイカー

暗黒騎士と同じく、追加パッケージを購入することでLv60で開始できるExジョブ。
ソイル(魔弾)という独自の仕組みがあり、これを使用することでコンボが大きく変わるのが特徴です。

攻撃をしながら自身を回復かつバリアを貼る「ブルータルシェル」という
珍しいスキルを持ち、戦士とはまた違った「攻撃は最大の防御」なタンクです。

使用武器はガンブレード。ジョブクエストはグリダニアで発生します。

猛攻の攻め、DPSジョブ!

FF14で最も人口が多いジョブで、PTメンバーでのメイン火力!

よりダンジョンの攻略をスムーズにできるかは、
DPSジョブにかかっていると言っても過言ではありません。

それぞれのDPSに独自の戦闘スタイルがあり、火力の出し方も様々です。
DPSは主にメレー、レンジ、ソーサラーの3種類に分かれます。

メレー(近接物理DPS)

モンク

格闘士の上位にあたるジョブ。

特定のコンボをすることで様々な効果が付与される「型」や、
攻撃間隔が早く火力も上がる「疾風迅雷」というモンク独自の仕組みがあります。

竜騎士

槍術士の上位にあたるジョブ。

文字通り高く飛び上がって攻撃する「ジャンプ」が特徴のジョブで、
範囲攻撃や敵との距離を素早くつめたりなど実に様々なジャンプを駆使して戦います。

忍者

双剣士の上位にあたるジョブ。

忍者独自の「印」を結び、組み合わせることで多才な忍術を使用できるのが特徴。
他ジョブと比べて火力は控えめですが攻撃間隔が早くスピーディな手数で勝負なジョブ。

追加パッケージを購入することでLv50で開始できるExジョブ。

特定のコンボをすることで得られる「閃」を組み合わせて「居合術」を繰り出すジョブ。
メレーの中で唯一、詠唱(貯め時間)があるジョブですがその分威力は絶大です。

使用武器は刀。ジョブクエストはウルダハで発生します。

レンジ(遠隔物理DPS)

吟遊詩人

弓術士の上位にあたるジョブ。

歌の種類によって攻撃方法がガラッと変わる「戦歌」を駆使して戦うジョブ。
味方の回復効果を上げる「地神のミンネ」など唯一無二の補助スキルがあるのが特徴です。

機工士

追加パッケージを購入することで初めからLv30で開始出来るExジョブ。

銃以外にも火炎放射やオートボウガンなど様々な重火器や兵器を駆使して戦うジョブ。
レンジで唯一「タレット/オートマトン」という補助兵器を呼び出して戦うことができます。

使用武器は銃。ジョブクエストはイシュガルドで発生します。

踊り子

機工士と同じく追加パッケージを購入することでLv60で開始できるExジョブ。

「ステップ」を踏むことで味方にバフ(能力アップ効果)を付与できるバッファーというポジションのジョブ。
自身の火力は控えめですが回復スキルなど多才な補助スキルや豊富な範囲攻撃が特徴です。

使用武器は投擲。ジョブクエストはリムサ・ロミンサで発生します。

キャスター(遠隔魔法DPS)

黒魔道士

呪術士の上位にあたるジョブ。

基本的な部分は呪術士時代から変わりませんが、強力な上位魔法に変換する「エノキアン」や
魔法詠唱を短縮する「黒魔紋」といった、より固定砲台に特化するのが特徴です。

召喚士

巴術士の上位にあたるジョブ。

巴術士のカーバンクルに代わり蛮神の力をイメージした「エギ」という召喚獣を使役して戦うジョブ。
自身の火力は控えめですがバハムートやフェニックスのエギを召喚することで絶大な攻撃力を得ます。

赤魔道士

追加パッケージを購入することでLv50で開始できるExジョブ。

白魔法、黒魔法に加えて細剣による物理攻撃もできるというとても多才なジョブ。
それぞれの魔法を使用し「バランスゲージ」を効率よく貯めることで物理攻撃の威力を高めることができます。

使用武器は細剣。ジョブクエストはウルダハで開始します。

包みこむ癒やし、ヒーラージョブ!

ヒーラージョブの役割はPTメンバーのHPを回復し、戦闘不能にさせないこと!

それぞれのヒーラージョブで回復の手段や戦闘スタイルがまったく違うので…。
各ヒーラーを一度体験しておくことをオススメします。

白魔道士

幻術士の上位にあたるジョブ。ヒーラーの中で最もクセが少なくオーソドックスなジョブ。

単体回復、範囲回復が多才で特に一瞬でHPを完全回復する「ベネディクション」は他のヒーラーにないスキルです。
ただし敵の攻撃を軽減する「バリア」を覚えるのが遅めという弱点もあります。

学者

巴術士の上位にあたる、召喚士の派生ジョブ。回復に加えて敵の攻撃を軽減する「バリア」が豊富なジョブ。

基本的に回復は使役している「フェアリー」が自動で行い、自身はバリアで味方を補助、
時にフェアリーと協力し回復するというスタイルで戦います。

占星術師

追加パッケージを購入することでLv30で開始できるExジョブ。

回復に加えて味方にバフ(能力アップ効果)を付与する「カード」という独特の仕組みがあるジョブ。
回復重視の「ダイアーナルセクト」バリア重視の「ノクターナルセクト」を状況に合わせて切り替えれます。

使用武器は天球儀。ジョブクエストはイシュガルドで発生します。

リミテッドジョブ

リミテッドジョブとは、ここまでで紹介してきたジョブたちとは違い
「リミテッド=制限のかかった」という意味を持つ特殊なジョブです。

主な特徴は以下の通りです。

  • バトルバランスを著しく崩壊させるためほぼソロ専用
  • 特定状況下でしかコンテンツファインダーが利用できない
  • 特定のコンテンツに参加できない
  • リミテッドジョブでメインクエは進行できない
  • 現在のレベル上限は「50」がMAX

このようにパーティやバトルの参加に制限のある特殊なジョブですが、
他のジョブとは違い「独自のコンテンツ」を持っているのも特徴です。

青魔道士

敵のモンスターの技をラーニング(学習)し、自身の技として
使用することができる「青魔法」を使うリミテッドジョブ。

一応ロールは遠隔魔法DPS(キャスター)に部類されますが、
ひとりで攻撃はもちろん回復、蘇生、果には防御までできるオールラウンダー。

その代わりにスキルがほぼ0の状態から開始するので、
まずは敵の技を1からラーニングするのが青魔道士の第一歩です。

使用武器は「青魔器」と呼ばれるステッキ、ジョブクエストはリムサ・ロミンサで開始します。

スポンサーリンク
■ こちらの記事もおすすめです!