FF14には実に様々な装備品が登場します。

クエストの報酬などでも装備品がたくさん貰えますよね!

「う~ん…なんかどれが自分に合ってる装備なの分からない…」
「まぁ、何でもいいか。とりあえず、コレもらっとこう…」

みたいな感じに適当に貰っていませんか!?
装備品はエオルゼアを渡り歩く冒険者にとって重要ですよ!?

ぜひ、冒険を有利に進めるためにステータスの見方や選び方など
FF14の装備の「基本」について学びましょう!

スポンサーリンク

装備の基本

装備の基本

FF14の装備は主に「メイン武器」「防具」
「サブ武器」「アクセサリー」の4つに別れます。

それぞれの装備がなんの役割を担っているのか解説します!

メイン武器

FF14における最も重要な装備品です!コレがなければFF14の冒険は始まりません!

武器は必ず対応したクラス・ジョブでないと装備できません。

例えばですが、初期クラスが剣術士の人は
片手剣以外の武器を装備することができません!

幻術士で片手剣を装備する、というのはできないということです。

初期クラス以外の武器を装備したい場合は、
その武器のクラスを新しく開放する必要があります。

ちなみにクラフターなどの非戦闘クラスは武器、ではなく「道具」と呼びます。

サブ武器

サブ武器

メイン武器の補助として使う装備品です。

例えば剣術士のメイン武器は「片手剣」ですが、「盾」はサブ武器にあたります。

基本的にはサブ武器は一部のバトルクラス・ジョブ
クラフタークラスギャザラークラスのみでしか使用しません。

そもそも弓術士や槍術士のようにメイン武器を
両手で持つクラス・ジョブにはサブ武器は存在しないんですね~。

ちなみに剣術士(ナイト)のスキルに
「敵に盾を投げつけて先制攻撃をする」というものがありますが…。

サブ武器である「盾」を装備していない場合は使用できません!

防具

FF14では、頭装備、胴装備、手装備、腰装備、脚装備、足装備。
この6つの装備品を総称して「防具」と呼びます。

また、この防具一式のことをキャラクターの左側に
表示されていることから「左側の装備」と呼ぶこともあります。

敵の攻撃を軽減したり、HPをアップしたり、自分の攻撃力を
高めるステータスが付いているものが多いので…。

序盤はこの防具を充実させる事が攻略のカギとなります。

「敵から攻撃を受けるとすぐやられちゃう!」
「レベルが上がってるのに敵を倒すのに時間がかかる!」

という時はこの防具を変更してみましょう!

また、防具によっては自分のクラス・ジョブでは
装備できない物もあるので注意してくださいね。

アクセサリー

「防具」の補助的な役割をするのがアクセサリーです!
FF14では首、耳、腕、指✕2の5つのアクセサリーが装備可能です。

アクセサリーはキャラクターの右側に表示されることから「右側の装備」とも呼ばれます。

直接的な防御力アップはできないものの、
防具と合わせて揃えることで大幅にステータスアップができます。

ただし、序盤はアクセサリーを入手するのがかなり大変なので
クエスト報酬やアクセサリー屋で購入するなど、積極的に揃えましょう。

とは言えぶっちゃけたことを申すとLv50以下は初期装備である
ルーキーシリーズ」のアクセサリーで事足りてしまうという現実もあります…w

装備品のステータスの見方

装備品をよく見てみると「VIT+○」や
「INT+○」といったステータスが付いていますよね。

FF14には様々なステータスがあり、特に始めたばかりの初心者さんは…。

「どのステータス」が「何のクラス」に対応しているのかよく分からないと思います。
まず最初はこのステータスだけは覚えよう!というものをピックアップします。

  • STR → 近距離物理攻撃力(槍術士/格闘士)
  • DEX → 遠距離物理攻撃力(弓術士/双剣士)
  • VIT → HP・耐久力(剣術士/斧術士)
  • INT → 魔法攻撃力(呪術士/巴術士)
  • MND → 回復力(幻術士)

これらのステータスは通称「メインステータス」と呼ばれ、
防具などに付いている基本的なステータスとなっています。

自分のクラスが呪術士ならば「INT」が付いた装備を、
槍術士ならば「STR」が付いた装備を選ぶ、ということですね。

まずはコレを頭に叩き込んでおきましょう!
といってもいきなり全部覚える必要はありません。

自分がメインで使っているクラスには、
どのステータスが対応しているのかを覚えましょう。

どのステータスが、何に対応しているのか分からなくなったら、
マイキャラクターの「パラメータ」から確認できますよ!

忍者(双剣士)のステータスの注意点

「忍者は敵に近づいて戦うし…STRでしょ?」と思うかもしれませんが、
忍者に対応したステータスは「DEX(遠距離攻撃)」になっています。

これには深い事情があるのですが、簡単に言うと時代でそうなってしまった、という感じです。

忍者が実装された当時、遠距離で物理攻撃が出来るジョブ、
というのが「吟遊詩人(弓術士)」だけだったので…。

他のジョブとバランスを取るために忍者が遠距離攻撃の枠に無理やり収まった、という歴史があるのです。

なので忍者で!双剣士で行くぜ!という方は間違えないようにしてください…。

「どれが強い装備なのか分からない!」

クエストの報酬やダンジョンの宝箱で装備を持っているけど、
どれが強い装備なのか?どれがクラスに合ったものなのか分からない!

さいきょう

という人は、とりあえず「さいきょう」ボタンを押してみましょう!
装備画面の上に方にあるボタンです。

この「さいきょう」をポチッと押すと現在所持している装備品の中から、
文字通り「さいきょう装備」を選択してくれます。

さいきょう装備

といってもこの「さいきょう」は所持している装備の中で、
もっとも装備レベルが高いものを選択してくれるだけです。

中には装備レベルは高いけど特定のステータスが下がる、
ということもあり得るので注意してくださいね!

装備品には耐久値があります!

そして装備といったら忘れてはイケナイ要素があります。

装備の耐久

装備品のひとつひとつには「耐久値」という物があります。
装備を使い込んでいくと少しずつこの「耐久値」が減っていきます。

「耐久値」が0%になると…!

壊れて無くなってしまうということはありませんが、
装備品としての能力はゼロになってしまいます。

装備品の耐久値や修理についてはコチラの記事で詳しく解説しています。

序盤はどんどん装備を交換しよう!

とにかく序盤は多少見た目がダサくても強い装備にどんどん交換しましょう!

FF14はRPGですから強い装備があってこそ冒険が捗ります!
また、レベル上げだけではどうしても倒せないという敵も表れます。

「強い装備が揃わないよ!」
「それになんか報酬の装備はやっぱダサいよ!」

という人はダンジョン(ID)に行ってみましょう!
各ダンジョンの宝箱から固有の強い装備、通称「ID装備」が入手できます。

この固有の強い装備は見た目もカッコイイ物が多いのでオススメです。

ちなみに上記の画像の装備はLv32ID「ブレイフロクス」でゲットできます…!
ぜひ、レベリングもかねて積極的にダンジョンを周回してみてくださいね!

スポンサーリンク
■ こちらの記事もおすすめです!