よくFF14初心者さんからこんなメールを頂きます。

  • 「毎回コンテンツの予習が大変です(><)」
  • 「上手に予習する方法やコツってありますか?」
  • 「そもそも予習ってしなきゃダメですか?」

FF14はなぜだか知りませんが「予習が必要なゲーム」と言われることが多いです。

うーん、まぁ決して間違いではないですが…(・ω・;)

そこで今回は毎回予習が大変だと苦労している
初心者さんに予習の必要性についてお話します。

スポンサーリンク

本当に予習は必要なのか?

ワタクシ個人の率直な意見として、IDや蛮神戦などの予習は「必要ない」と断言できます。

私自身も予習はそれほどしたことはありません。

なぜなら…面白くないから

だって初めて行くコンテンツなのに、何の敵が出てくるのかとか、
どんなギミックがあるのかを予め知ってたら面白くないじゃないですか!

登場人物のあらすじからストーリー、最後のオチまで事前に調べてから
映画館に新作映画を見に行くなんて馬鹿げた話じゃないですか!

当然ですが「初見」というのは一度切り、一回ぽっきりの体験です。

初めて見るマップ、初めての敵、初めてのギミック…、
「初めて」ってとても貴重な体験なのです!

そんな貴重な体験を予習で潰してしまうなんて…もったいないです!面白くないです!

予習しないと怒られそう…。

「予習しないと失敗しそうで怖い」
「他の人から怒られたり足を引っ張るのが嫌」

と、よく初心者さんは言いますが…。

まず通常のIDで予習をしてないから他のPTメンバーから
怒られるというのは滅多にないです。ほぼほぼありません。

だって過去に私達、熟練者も散々失敗してるからですね!w

だから初心者さんが失敗して「ごめんなさい!ごめんなさい!」と
萎縮してる姿を見ると「あ~昔の私もあんな感じだったなぁ~」となるだけなので…。

失敗したら怒られるかも、足を引っ張って迷惑かけてしまうかも…なんて心配は無用です。

もちろん世の中には頭のおかしい人も居るので全ての人が絶対に怒らないという保証はありませんが…。

誰でも失敗はするものです。

最初は誰だって失敗するものですし、私達現役プレイヤーも
初めたての未熟だった頃は相当やらかしたし、たくさん失敗をしました。

最初は知らない人とPTを組むのは怖かったし、
上手に出来るか、無事クリアできるかと不安に思うときもありました。

手汗びっしょりになりながらもクリアできたのは
周りの人が「大丈夫だよ~」と声をかけてくれたり、
色々とアドバイスをしてくれたおかげです。

お互いに分からなくて攻略に行き詰った時は、あそこはあーではないか、
いや逆にこーではないか、と話し合ったりもしましたしね…w

私自身長年FF14をプレイしていますが予習をしてこなくて
失敗して怒られる、なんて経験はほとんどありません。

そう、誰だって最初は失敗するものですからね!

予習が必要なコンテンツとは?

そもそも予習が必要なレベルのコンテンツというのは…。

ID(ダンジョン)や通常の討伐戦ではなく、極蛮神討滅戦や零式といった
高難易度コンテンツ」のことを言うのです。

Youtubeやニコニコ動画でアップされている人気の攻略動画は、
この「高難易度コンテンツ」の動画がほとんどです。

私の場合、この手のコンテンツに行くときはあえて予習を全くせず、
必ず「初見・未予習OK!」という人達と一緒にいきます!

その方がギスギスせずお互いに気持ちよくコンテンツを攻略できるのです!

タンクは決して先導役ではない

「自分はタンクだからIDは予習して先導しないと…」

と、何か勘違いしているタンクさん時々いらっしゃいますが…。
別にタンクは先導役ではありません

敵陣に真っ先に突っ込む、切り込み隊長がタンクの役割なので、
ついでに先導役も担っているという感じなのです。

そもそも、初めて来るIDでマップも無いし、
右も左も分からない状態で先導しろと言う方がおかしいのです!

もし迷子になりそう、どっちに行けばいいのか分からないのならば…。

「どっちに行ったらいいか分からないので先行してもらっていいですか?」

…と、他のメンバーに頼めば大体は先導役を快く引き受けてくれますよ!…多分

もちろん先導役は他の人でも、敵に切り込むのはタンクですよ!?
なのでタンクだからIDの予習は義務、みたいな風習は間違っています。

予習よりも復習に使ったほうが良い!

よく予習のために攻略記事や動画を参考にする方が多いと思います。

私もよく攻略記事や動画のお世話になることがありますが…、
基本的には「復習」のためにしか使ったことがありません。

「さっき行ったIDのココが良く分からなかった」
「なんとなく避けちゃったけどこの攻撃はどう対処するのがベストなのか」

といった、よく分からなかった部分をもう一度じっくり見るために記事や動画を参考にするのです。

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが…。

100回攻略記事を読んで予習するより、とりあえず一度行ってみて
分からなかった部分を攻略記事で読んだほうが効率がよいのです。

予習したっていざIDに行った時は緊張で内容を思い出せない事の方が多いんですから…w

FF14には約50種類以上のIDが…

もちろん、予習してはいけないという意味ではありません。

予習は効率よくコンテンツを攻略する有効な手段であるのは間違いありません。

ですが「予習してからじゃないと絶対にIDに行かない」
予習を変に義務化してるのであれば、正直言って時間の無駄です。

なぜならFF14のIDは50種類以上存在するからです。

この数はIDだけの数で、その他のレイドコンテンツや
討伐戦など他のコンテンツも含めれば膨大な数になります。

そのたびに「予習しなきゃ!」なんて足踏みしてたら絶対に時間が足りません…w

予習よりも大事な事

FF14において大事なのは「予習」ではありません。
予習よりも大事な事、それは「経験」と「練習」です。

何度も練習してパーティプレイの基本やバトルの基礎を身につければ…。
多少失敗するかも知れませんが初見のIDも自然と上手くいくようになるのです!

私達現役プレイヤーも、新しいコンテンツが実装されるたびに「初見」になります。

そもそも新しいコンテンツが実装された当初なんて
攻略記事も動画もまだ無いし、予習もクソもない状態で攻略しているのですw

それでも予習無しでクリアできるのは過去に何度もコンテンツを往復練習して、
知識や技術を「経験」という形で培ってきたからなのです。

 

アナタが自転車に乗れるようになったのは、既に自転車に乗れる人を見て
そこから学んだから乗れるようになったのですか?

違いますよね!?

ひっくり返って転んだり、擦りむいて怪我しながら何度も練習したから
補助輪無しでも自転車に乗れるようになったんですよね?

同じなんですよ!

一度乗りこなせるようになれば、ずっと乗れるようになる点も同じなんです!
基礎がしっかり固まれば、あとは応用でなんとかなるもんなんです!

 

これから新しいコンテンツに行くときはまず予習…ではなく!

  • まずは何も考えずに行ってみる
  • ダメだった所、分からなかった所を分析・復習
  • もう一度行ってできなかった部分を練習して克服
  • 繰り返しの経験が自分の技術になる!

この繰り返しでコンテンツに慣れましょう!
一度慣れやコツを掴んでしまえばこのゲームは難しくないのです!

 

私も最初は新しいコンテンツに行くたびに
手汗ビチョビチョ、ガクガクのブルブルでした(((´・ω・`)))

それでも何度も練習したり、繰り返しコンテンツに通うことで…。

ある日突然、天啓のごとく「コツ」を会得する瞬間がやってきます。

コツを掴んでからは苦手が得意に変わり、
今ではこうして人に何かを教えられるまでになったのです!

頑張るべき所、力を入れるべきポイントは予習することではなく、
実践して繰り返し練習する、です!まずはやってみること!

 

誰だって最初は失敗するものなのです。
最初から完璧にできる人なんていません。

完璧にこなす必要もないですし、それを咎める人だってそうそうはいません!
ぜひ、失敗を恐れずチャレンジしてくださいね!

この記事はいかがでしたか?
「面白かった!」「役に立った!」と思った方は
いいねボタンをポチッとしてくれると筆者の励みになります!
1+
スポンサーリンク
■ こちらの記事もおすすめです!