突然ですがFF14に定められている「禁止事項」ってご存知ですか!?

普段はそんなに意識してないと思いますが、FF14をプレイするにあたって
やってはいけないこと」というのがしっかりとルールとして決まっています。

もしかしたら…知らないうちにやってはいけない事をしてしまっているかも…?

そうならないためにも!ここでFF14の禁止事項ペナルティについてお勉強しましょう。
エオルゼアで生活する上で必要な知識なので覚えておいて損はないですよ!

ここでは禁止事項の全文ではなく、個人的に気になったポイント、
やってしまいがちな部分を簡単に解説します!

スポンサーリンク

禁止事項の気をつけたい4つのポイント

チャットやエモートなどによるハラスメント行為

一口にハラスメント行為といっても定義が難しい問題ではありますが…。

差別やわいせつな表現、ストーキングまがいの行為、無理矢理個人情報を聞き出すこと、
犯罪、歴史上の事件、いじめや人のトラウマをぶり返すような話題など…。

簡単にまとめると他の人に「精神的苦痛を与える行為や発言」がハラスメント行為に当たります。

「ハラスメント行為」は、他者に深く精神的苦痛を与える言動を指します。基本的には「サービスアカウントの一時利用停止」以上のペナルティが科される、非常に重い違反行為です。

チャットでの発言はもちろんですが、エモートやロードストーンへの
コメントなどによるハラスメント行為も当然禁止になります。

自分は言われても全然平気な言葉が、もしかしたら他人にとっては
とっても傷つく言葉だったりするかもしれないので、
日頃からちょっとした発言やチャットには気をつけたいですね…!

 

特にやってしまいがちなのが「わいせつな表現」の部分ですかね。

「おっぱい大きいね!」「ケツもませろ!」みたいな軽い表現でも、
本人はちょっとした冗談やネタのつもりでも、日常的に繰り返せば立派なセクハラです。

開き直って小学生みたいに「おち○ちんー!」なんて元気よく言っても駄目ですよ!

現実の世界でも「セクハラ」はどこまでがアウトで、どこまでが大丈夫なのかとなかなか難しい問題ですが…。

少しでも性的ニュアンスがある言葉を使う時は気をつけましょう…!
あなたにそのつもりがなくても「わいせつな表現」にひっかかてしまうかもしれません…。

あくまでも紳士的に!そう、紳士的に…!

その他の迷惑行為

迷惑行為に関しても簡単に言い表すのはとても難しいですが、
大雑把に言うと上記の「ハラスメント行為」以外の「悪意のある行動」のことを表します。

「迷惑行為」は、ハラスメントに分類されない内容で、他者を傷つけたりゲームプレイを妨害したりする言動を指します。その意図がなかった場合でも、結果として他者を傷つけたり妨害したりしていた場合には、ペナルティの対象となる場合があります。

つまりハラスメント行為とはまた違ったやり口で他の人を傷つけたり、ゲームの妨害をすることですね。

 

例えばですが…。

  • 誹謗中傷や脅迫などの攻撃的な表現、暴言
  • 拒否、批判など圧力的な態度
  • 他人への配慮を欠く、マナーやモラルに反する表現
  • 一方的な強要、または排他的表現

つまり、俺様で上から目線な態度や暴言、独断や偏見を一方的に強要する表現や行為は
すべて相手を傷つける「不快な表現」に当たるのでNGだよ、ということですね。

 

ゲームプレイの妨害については…。

  • スパム行為
  • 通行・進行妨害
  • 意図的な回線切断、サーバーに負荷をかける行為

などがありますが、これらは明確に妨害するという意図を持っている上に、
専門技術を持ち合わせていないとできないことがほとんどなので…。

意図せず、または無意識にする、というのはまず無いと思われます。

リアルマネートレーディング(RMT)への関与

リアルマネートレーディング(RMT)に関しては、
より詳しく解説した記事があるのでそちらをご覧ください!

とにかく、RMTに関与するのは駄目だぞ!

アカウントの共有、貸与

これ、既にやっている人がもしかしたら居るかもしれませんが…。
アカウントやキャラクターを複数人で共有したり、他の人に貸したりする行為は原則禁止です!

不特定多数のユーザーでアカウントを共有する行為、他のユーザーにアカウントを貸与する行為は禁止されています。

例えば夫婦や兄弟といった家族でひとつのアカウントを使ったり、
友人のキャラのレベル上げを手伝うから~って、キャラを貸したり借りたりする行為ですね。

 

一昔前ではゲームの貸し借りやセーブデータを共有するというのは、
割と当たり前の行為でしたがなぜコレが駄目なのかと申しますと…。

トラブルを起こしたり、巻き込まれた際に責任の所在
どこにあるのかが分からなくなってしまうからですね。

トラブルを起こした本人が悪いのは当然ですが、そもそもキャラクターやアカウントを
貸し借りしなければこんなことは起こらなかったかもしれない…。

というように「誰が悪いのか」が明確にならない上に
「そもそも誰がこのアカウントの責任者だよ…」というように、
調べる側も調べられる側も面倒くさいことしか起こらないのです。

既にやっちゃってる…という方は今すぐにやめましょう…。
トラブルを起こしたり、巻き込まれたりする前に!

違反行為をするとどうなるの?

ペナルティが科せられます!

ペナルティは、軽いものから順に「注意」「警告」「サービスアカウント一時利用停止(3日間)」「サービスアカウント一時利用停止(10日間)」「サービスアカウント一時利用停止(20日間)」「永久利用停止」の6段階のペナルティがあります。

それぞれのペナルティについて「学校生活」で無理矢理例えてみましょう!

1ペナルティ「注意」

違反行為の中で最も軽いペナルティ。
軽いといえどペナルティはペナルティなので悔い改めましょう。

それ、校則違反ですよ。次から気をつけてくださいね。
2ペナルティ「警告」

違反行為の中で厳重注意が必要なペナルティ。
今回は注意だけにしますが、今後より重いペナルティを科す場合もあるので悔い改めましょう。

前にも注意しましたよね?次はありませんから!
3ペナルティ「一時利用停止」

違反行為の中で重度なペナルティ。
ダメそうなのでFF14のプレイ禁止期間を設けまーす。禁止期間中にしっかり悔い改めてくださーい。

改善の余地がないようなので、停学処分といたします。
4ペナルティ「永久利用停止」

違反行為の中で最も重いペナルティ。
お話にならないので永久にFF14をプレイする権利を剥奪しまーす。サヨウナラー。

退学でーす。二度と学校来ないでくださーい。

まとめ

ここまで禁止事項とペナルティについて簡単に解説しましたが、
あくまで触り程度の解説なので全文を読みたい、より詳細が知りたい!という方は…。

サポートセンターの禁止事項の項目をご覧ください!

サポートセンター禁止事項について

サポートセンターアカウントペナルティについて

 

つい最近、FF14のサポートの基本方針に変更があったので、
今後はより厳しくペナルティが科せられると思います。

なので、今まで通りゲームをプレイしていても、あなたにそのつもりがなくても、
意図せず違反行為をしてしまう場合もあります。

「そんなつもりじゃなかったのに!」「知らなかったんだもん!」は残念ながら通用しません。

FF14がより楽しく安全に生活するために必要なことなのでしっかりと守りましょう。(・ω・)b

スポンサーリンク
■ こちらの記事もおすすめです!